コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉須赤絵 ごすあかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉須赤絵
ごすあかえ

中国陶磁器の一様式をさす日本での呼称染付のなかで厚手の胎作り,奔放な絵文様をもつ磁器を日本では一般に「呉須手」と称したが,これと似た作りで絵文様が赤を主体として黄,緑,青の釉色のかかったものを呉須赤絵と呼んだ。明末,清初に中国の南部,福建や広東方面で大量に生産され各地に輸出された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごす‐あかえ〔‐あかヱ〕【呉須赤絵】

呉須手(ごすで)の五彩磁器。赤を基調とした奔放な上絵付けがあるもの。赤呉須。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごすあかえ【呉須赤絵】

磁器の一。呉須手ごすでのうち、赤を主体とし、緑・トルコ青などで奔放な図柄の上絵付けをしたもの。茶人が愛好した。赤呉須。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉須赤絵
ごすあかえ

中国、明(みん)朝末期の特色ある五彩磁器。呉須赤絵は日本での呼称で、西欧ではSwatow ware(汕頭(スワトウ)磁器)という。乳白色の磁胎に燃えるような赤を基調にして、緑、黄、青、黒などの釉彩(ゆうさい)で自由奔放な文様が描かれ、民窯らしい艶美(えんび)な表情は日本人に人気がある。窯はかつては福建省の石碼窯(シーマよう)と推測されたが、判然としてはいない。金襴手(きんらんで)や万暦民間様式の染付磁器など景徳鎮窯の造形系譜を引くところから、おそらく景徳鎮(江西省)の近くの窯の作かと思われる。東南アジアを経て日本に大量に輸出された。[矢部良明]
『斎藤菊太郎著『陶磁大系45 呉須赤絵・南京 赤絵』(1976・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の呉須赤絵の言及

【赤絵】より

…万暦年間(1573‐1619)には官能的で濃艶な赤絵が作られ,日本の茶人はこれを万暦赤絵と呼んで珍重した。また明末の天啓年間(1621‐27)から清初にかけて天啓赤絵,南京赤絵と呼ばれる粗雑な器皿,福建省あたりでは奔放な絵付の呉須赤絵が焼造されたが,これらも日本の茶人たちに愛好され,日本の赤絵の発展に大きな影響を与えた。清朝の成立とともに康熙・雍正・乾隆期には粉彩と呼ぶ精緻な五彩磁が作られ,よりいっそう絵画的な表現を展開していった。…

※「呉須赤絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉須赤絵の関連キーワード倉橋 藤治郎永楽和全トルコ青奥田頴川奥田穎川志手原焼呉須青絵図柄茶人

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android