コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀直温 しが なおはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀直温 しが-なおはる

1853-1929 明治-昭和時代前期の実業家。
嘉永(かえい)6年2月24日生まれ。陸奥(むつ)中村藩(福島県)藩士志賀直道の子。志賀直哉の父。明治12年福島県の第一銀行にはいる。26年総武鉄道創立に参加し,専務に就任。東洋薬品,帝国生命保険などの取締役もつとめた。昭和4年2月16日死去。77歳。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の志賀直温の言及

【志賀直哉】より

…大正・昭和期の小説家。宮城県石巻に生まれ,東京山手で育つ。父直温(なおはる)は慶応義塾出身の実業家。直哉に強い影響を与えた祖父直道は旧相馬藩の家臣。長男夭折のため次男直哉は祖母留女(るめ)の手で育てられた。学習院時代より内村鑑三の教会に通い,渡良瀬川の鉱毒事件被害地視察のことより父と対立。また落第したため武者小路実篤らと同級となる。1906年学習院から東大に進んだが中退。武者小路や木下利玄らと回覧雑誌を発行,これが下級の里見弴や柳宗悦らに影響を与え,10年4月《白樺》の創刊となる。…

※「志賀直温」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志賀直温の関連キーワード実業家嘉永