コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応急危険度判定 オウキュウキケンドハンテイ

2件 の用語解説(応急危険度判定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうきゅう‐きけんどはんてい〔オウキフ‐〕【応急危険度判定】

地震で被災した建築物が、その後の余震などで倒壊したり、建物の一部が落下・転倒したりする危険性を判定する調査。被災した建物への立ち入りや落下物などによる二次的災害の防止を目的として地震発生の直後に行われる。被災建築物応急危険度判定
[補説]調査は、市町村の要請を受けて応急危険度判定士が行う。判定士は建物の外観を目視し、危険・要注意・調査済(安全)の3段階で判定し、結果を示すステッカーを建物に貼る。この調査は、罹災(りさい)証明書のための建物被害認定調査とは別に行われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

応急危険度判定

二次災害を防ぐために判定士が早期に建物の安全性を判断し、「危険」は赤、「要注意」は黄、問題がなければ「調査済み」の緑の紙を張る。付近のがけの状態や隣家の瓦などの落下の恐れも判定するため「危険」がただちに「全壊」ではない。被災状況を「全壊」「大規模半壊」などと自治体が判断する「罹災(りさい)証明」とは違う。

(2008-06-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応急危険度判定の関連キーワード余震余震確率評価古址被災度調査と応急危険度判定福岡沖地震と玄界島被災建築物応急危険度判定士東南海・三河地震余震と誘発地震被災3県の酒蔵の状況大久保忠増

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応急危険度判定の関連情報