コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応急危険度判定 オウキュウキケンドハンテイ

デジタル大辞泉の解説

おうきゅう‐きけんどはんてい〔オウキフ‐〕【応急危険度判定】

地震で被災した建築物が、その後の余震などで倒壊したり、建物の一部が落下・転倒したりする危険性を判定する調査。被災した建物への立ち入りや落下物などによる二次的災害の防止を目的として地震発生の直後に行われる。被災建築物応急危険度判定
[補説]調査は、市町村の要請を受けて応急危険度判定士が行う。判定士は建物の外観を目視し、危険・要注意・調査済(安全)の3段階で判定し、結果を示すステッカーを建物に貼る。この調査は、罹災(りさい)証明書のための建物被害認定調査とは別に行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

応急危険度判定

二次災害を防ぐために判定士が早期に建物の安全性を判断し、「危険」は赤、「要注意」は黄、問題がなければ「調査済み」の緑の紙を張る。付近のがけの状態や隣家の瓦などの落下の恐れも判定するため「危険」がただちに「全壊」ではない。被災状況を「全壊」「大規模半壊」などと自治体が判断する「罹災(りさい)証明」とは違う。

(2008-06-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

応急危険度判定の関連キーワード被災度調査と応急危険度判定被災宅地危険度判定士証明書市町村補説

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応急危険度判定の関連情報