コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応手 オウシュ

大辞林 第三版の解説

おうしゅ【応手】

碁・将棋で、相手の打った手に応じて打つ手。また、一般に対応策の意にも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

応手の関連キーワード公益通報者保護制度セーフティーネットフォークウェイズろう者と日本手話填め手・塡め手部隊行動基準太陽光発電監査手続限界状況高良斎手抜き道具囲碁発達手順劫材手話先手

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応手の関連情報