コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応県木塔 おうけんもくとうYìng xiàn mù tǎ

1件 の用語解説(応県木塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうけんもくとう【応県木塔 Yìng xiàn mù tǎ】

中国,山西省応県所在の仏宮寺釈迦塔。遼の清寧2年(1056)建立。中国に現存する最古・最大の木塔。平面八角形,全高約67m,外観は五重で裳階(もこし)付きだが,各層の天井裏を含めると実際は9層。添柱や筋違(すじかい)を駆使し,54種もの斗栱(ときよう)を多用した完全な木造になる。塔内各層に安置される釈迦,観音,四方仏,文殊などの塑像や壁画,近年発見された経典,書籍,絵画なども美術史・仏教史上価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone