コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応県木塔 おうけんもくとう Yìng xiàn mù tǎ

1件 の用語解説(応県木塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうけんもくとう【応県木塔 Yìng xiàn mù tǎ】

中国,山西省応県所在の仏宮寺釈迦塔。遼の清寧2年(1056)建立。中国に現存する最古・最大の木塔。平面八角形,全高約67m,外観は五重で裳階(もこし)付きだが,各層の天井裏を含めると実際は9層。添柱や筋違(すじかい)を駆使し,54種もの斗栱(ときよう)を多用した完全な木造になる。塔内各層に安置される釈迦,観音,四方仏,文殊などの塑像や壁画,近年発見された経典,書籍,絵画なども美術史・仏教史上価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

応県木塔の関連キーワード山西省太行山脈宮寺千仏博愛雲崗衛綰清涼寺釈迦像後の仏宗貞

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone