コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応長 オウチョウ

デジタル大辞泉の解説

おうちょう〔オウチヤウ〕【応長】

鎌倉後期、花園天皇の時の年号。1311年4月28日~1312年3月20日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうちょう【応長】

年号(1311.4.28~1312.3.20)。延慶の後、正和の前。花園天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうちょう【応長】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1311年から1312年まで、花園(はなぞの)天皇の代の元号。前元号は延慶(えんぎょう)。次元号は正和(しょうわ)。1311年(延慶4)4月28日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『旧唐書(とうじょ)』を出典とする命名。応長年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代)、執権は北条師時(もろとき)(10代)、北条宗宣(むねのぶ)(11代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

応長の関連キーワード三国仏法伝通縁起浄土法門源流章藤原為子(2)佐竹義篤(1)尊円入道親王一条局(1)伏見院御記西園寺公衡赤松則祐孤峰覚明陽禄門院尊良親王新室町院宗良親王尊円親王災異改元北条宗宣藤原為信佐竹義篤春屋妙葩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応長の関連情報