快哉(読み)かいさい

精選版 日本国語大辞典「快哉」の解説

かい‐さい クヮイ‥【快哉】

〘名〙 (「」は、感動の意を表わす助辞。こころよいことかなの意) こころよい、愉だと思うこと。痛快。善哉(ぜんざい)
※徂徠集(1735‐40)一・風月楼歌為井君賦「有風払払従南来、倚檻披襟叫快哉
※春潮(1903)〈田山花袋〉四「思はず立留って快哉を叫んだ」 〔蘇軾‐舶風詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「快哉」の解説

かい‐さい〔クワイ‐〕【快×哉】

《「快なる哉(かな)」の意から》ああ愉快だと思うこと。胸がすくこと。「快哉を叫ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android