コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快板 カイバン

2件 の用語解説(快板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐ばん〔クワイ‐〕【快板】

中国の近代音楽で、リズムが速いこと。また、そのような音楽。⇔慢板

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

快板
かいぱん

(しん)代から流行した中国の民間説唱芸能の一種。現在では中国各地に伝えられ、「順口溜(シュンコウリュウ)」「練子嘴(リエンツツイ)」などともよばれるが、元来は北方で、街角や空き地で演ぜられた「数来宝(シュライパオ)」から発展し、のちに小屋掛けをして演じられるようになった。独演、2人あるいは3人以上の掛合いの場合もあり、七言を基本とし、三・三の六言、四・三の七言、二・四の六言などの韻文(唱)にせりふ(説)を交えた形式で、即興の歌、物語から、民間故事や歴史物語を内容とする語物の形式を整えてきた。演者は主として節子(せつし)と竹板(ちくばん)で拍子をとり、伴奏に打楽器や弦楽器が用いられることもある。軽快なリズムにのせた語り口が大衆娯楽として人気を集めている。[尾上兼英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

快板の関連キーワード早拍子マンネリズムアップテンポ近代音楽ハイペースリズミカル日周リズム慢板リズム感

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone