怒江(読み)どこう

世界大百科事典 第2版の解説

どこう【怒江 Nù jiāng】

中国,西南地区の大河。上流はチベット自治区東部,タングラ(唐古拉)山脈から発する索曲やニエンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈から発する那曲などで,辺壩付近で怒江となり,南東流して雲南省に入る。横断山脈怒山と高黎貢山の間を南下,徳宏タイ(傣)族チンポー(景頗)族自治州南端でミャンマーに出る。下流はサルウィン川となる。中国内での全長1540km,急流で峡谷が発達,那曲には〈黒水河〉の意があるように水の色は黒い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

怒江
どこう / ヌーチヤン

中国南西部を流れる川。青海省とチベット自治区の境にあるタングラ山脈の南麓(なんろく)に源を発し、チベット自治区東部を東流、南流して雲南省に入る。雲南省西端を南流してミャンマー(ビルマ)国内に入り、サルウィン川と名を変え、さらに南流してマルタバン湾に注ぐ。全長3954キロメートル(中国内は1540キロメートル)、流域面積32万5000平方キロメートル(中国内は12万平方キロメートル)。ほとんどが1000~3000メートルの深い峡谷を刻んで流れるため支流が少なく、舟運にも適さない。しかし流量は豊富で落差も大きく、包蔵水力は3550万キロワットと推測される。[青木千枝子・河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の怒江の言及

【サルウィン[川]】より

…全長2800kmで,うち1000kmがミャンマーを流れる。ビルマ語ではタンルイン,中国語では怒江,シャン語ではナム・コーンとよばれる。チベット東部のタンラ山脈に発し,四川,雲南両省を経由,北緯24゜でミャンマーのシャン州に入る。…

※「怒江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android