横断山脈(読み)おうだんさんみゃく

百科事典マイペディアの解説

横断山脈【おうだんさんみゃく】

中国の四川,雲南両省西部とチベット自治区東部にかけて,南北に連なる一連の山系の総称。高い山々とその間を流れる深い峡谷が,東西の交通を遮断していることから横断山脈と名づけられた。西から東へと色隆拉嶺(南部は高黎貢山),梅里雪山怒山,寧静山(南部は雲嶺),沙魯里(さろり)山,大雪山脈などの山系が平行して走り,この間を怒江瀾滄江金沙江などが高度差1000〜3000mの世界有数の深い峡谷を形作って流れている。各山系を個別に山脈と呼ぶこともあるが,横断山脈全体の最高峰は大雪山系のミニヤ・コンカ(7556m)。
→関連項目青蔵高原

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横断山脈
おうだんさんみゃく / ホントワンシャンマイ

中国南西部、四川(しせん/スーチョワン)・雲南(うんなん/ユンナン)両省の西部およびチベット自治区東部にかけて南北に走る平行山脈の総称。東西間の交通を遮っていることからこの名が生まれた。大雪、怒山、高黎貢(こうれいこう)などの数個の山脈に分かれている。尾根の平均高度は標高3000~4000メートル、部分的には5000~6000メートルに達し、最高峰は大雪山脈の貢(コンガ)山(ミニヤ・コンガ)で7556メートルである。これらの尾根の間には深い峡谷があり、金沙江(きんさこう/チンシャーチヤン)、瀾滄江(らんそうこう/ランツァンチヤン)(メコン川)、怒江(どこう/ヌーチヤン)(サルウィン川)などの河川が貫流している。本地域内の数か所で複数の鉱物資源の共生鉱床が発見されており、豊富な金属鉱物の埋蔵が期待されているが、その科学的探査は、まだ始まったばかりである。[青木千枝子・河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例