コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性肝萎縮症 きゅうせいかんいしゅくしょうacute atrophy of the liver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

急性肝萎縮症
きゅうせいかんいしゅくしょう
acute atrophy of the liver

劇症肝炎,急性黄色肝萎縮症ともいう。肝細胞が急速かつ広範囲に壊死するために起る。主としてウイルス性肝炎にみられ,急性型の場合は発病後 10日以内に肝不全に陥って死亡することが多い。普通は前駆症状として食欲不振,高度の脱力感や吐き気を示し,黄疸が現れる。尿中に多量のアミノ酸を排泄するのが有力な特徴とされている。確立された有効な治療法はなく,予後はきわめて不良である。肝炎の経過中に突然発生するほか,リン,ヒ素などの毒物や薬物が原因となることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐かんいしゅくしょう〔キフセイカンヰシユクシヤウ〕【急性肝萎縮症】

肝臓が広範囲にわたって急激に機能障害を起こし、縮小する病状劇症肝炎でみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

急性肝萎縮症【きゅうせいかんいしゅくしょう】

劇症肝炎急性型に対して昔用いられていた病理学診断名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

急性肝萎縮症の関連キーワード肝臓

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android