コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性盛 しょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性盛 しょうせい

1537-1609 戦国-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)6年生まれ。真言宗。信濃(しなの)(長野県)万徳寺で灌頂(かんじょう)をうけ,紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)で玄誉(げんよ)に師事。東大寺,興福寺,園城(おんじょう)寺などに遊学し,のち京都の清閑寺,蓮台寺を復興した。慶長9年徳川家康の命で長谷(はせ)寺2世となった。慶長14年7月16日死去。73歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は奥田。字(あざな)は頼心。法名は「しょうじょう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

性盛の関連キーワードパラグアイグィッチャルディーニパトモス島恩寵の巡礼ノルウェー文学横浜市の要覧アラン(伯家)[スコットランド]カブラルカブラルフェルディナンド1世[メディチ家]

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

性盛の関連情報