コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋路ヶ浜 コイジガハマ

世界大百科事典内の恋路ヶ浜の言及

【渥美半島】より

…半島中ほどの三河田原まで豊橋鉄道渥美線が通じ,国道259号線が先端の伊良湖岬までのび,知多半島や鳥羽とはカーフェリーで結ばれている。江比間,宇津江などの海水浴場,赤羽根のサーフィン場,渥美フラワーセンター,島崎藤村の《椰子の実》の舞台となった恋路ヶ浜などがある。【溝口 常俊】。…

【伊良湖岬】より

…伊良湖港(1963完成)は初め漁船の避難港として築かれたが,鳥羽,師崎(もろざき),篠島,西浦と結ばれる船の発着港となり,港周辺には観光施設が整備されてきた。近くに〈日出(ひい)ノ石門〉と呼ばれる海食洞の奇観があり,日出から灯台へつづく海岸線は恋路ヶ浜と呼ばれハマユウやハマボウフウの群落のある砂浜で,伊良湖岬灯台とともに三河湾国定公園の代表的観光地になっている。近年は伊良湖岬~鳥羽間のフェリーボートを利用して伊勢志摩と結ぶ観光ルートによって行楽客が増加している。…

※「恋路ヶ浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恋路ヶ浜の関連情報