恐入・畏入(読み)おそれいる

  • おそれい・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ五(四)〙
① 非常に恐れる。すっかりこわくなる。
※古今著聞集(1254)一七「『〈略〉』といひて にらみてたてり。此の法師彌(いよいよ)おそれ入たり」
② あやまちを悟ってわびる。悪かったことを認めてあやまる。
※米沢本沙石集(1283)三「これまでも申入候事、返々恐(ヲソレ)入候と御披露候へとて、我と問注に負けて返しかば」
③ 目上の人などに失礼なことをして、おそれおおいと思う。やや形式的なあいさつの言葉としても用いる。
※曾我物語(南北朝頃)五「この事、一期の間かなふべからず、おそれいりて候へども、あしき御心得と存じ候」
④ 相手の好意などに対して、ありがたいと思う。かたじけなく思う。現代語では、多く「おそれいります」の形で用いる。
※申楽談儀(1430)田舎の風体「身の一期(いちご)の間の御扶持・孫子までも忘れ申間敷(まうすまじき)御ことにて候。返々(かへすがへす)畏入(オソレイリ)候」
⑤ 相手の力量などにすっかり感心する。圧倒されて頭があがらなくなる。敬服する。おそれる。
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉上「只今の御高論隔屏聴(たちぎき)して敬服(オソレイ)りました」
⑥ 物事の程度がひどくてまったく閉口する。あきれはてる。おそれる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「傘(からかさ)のと冠辞をおいて、骨とつづけて、下の句に、はなればなれなどといふ所が、イヤ、おそれ入(イ)った事さネ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android