敬服(読み)けいふく

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ふく【敬服】

〘名〙 心から尊敬して服従すること。感心して、尊敬の念を抱くこと。
※俳諧・遅八刻(1771)「俗は欺れたるを恨ず、奸をにくまず、却て俳識者と敬伏す」 〔宋史‐岳飛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐ふく【敬服】

[名](スル)感心して尊敬の念を抱くこと。「敬服の外はない」「彼の研究心には敬服する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android