コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬服 ケイフク

デジタル大辞泉の解説

けい‐ふく【敬服】

[名](スル)感心して尊敬の念を抱くこと。「敬服の外はない」「彼の研究心には敬服する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいふく【敬服】

( 名 ) スル
尊敬の念を抱いて従うこと。感心すること。 「彼の考え方には-した」 〔類義の語に「感服」があるが、「感服」はその人の技や行いに深く感動し敬意を払う意を表す。それに対して「敬服」は日頃よりその人の性質や振る舞いに感心し尊敬することをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敬服の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻おもな慣用句山口 良忠頭を下げる頭が下がる暗夜行路横井小楠村瀬栲亭ルージン結城秀康蒟蒻問答赤松広通志賀直哉成年式寛仁信服感服

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敬服の関連情報