コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬服 ケイフク

デジタル大辞泉の解説

けい‐ふく【敬服】

[名](スル)感心して尊敬の念を抱くこと。「敬服の外はない」「彼の研究心には敬服する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいふく【敬服】

( 名 ) スル
尊敬の念を抱いて従うこと。感心すること。 「彼の考え方には-した」 〔類義の語に「感服」があるが、「感服」はその人の技や行いに深く感動し敬意を払う意を表す。それに対して「敬服」は日頃よりその人の性質や振る舞いに感心し尊敬することをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

敬服の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻おもな慣用句山口 良忠頭を下げる頭が下がる暗夜行路ルージン志賀直哉横井小楠村瀬栲亭蒟蒻問答赤松広通結城秀康成年式信服感服寛仁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敬服の関連情報