コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒性皇子 つねなりおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒性皇子 つねなりおうじ

1305-1333 鎌倉時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇子。
嘉元(かげん)3年生まれ。京都の真言宗大覚寺の寛尊(かんそん)法親王のもとで出家,恒性(こうしょう)法親王と号する。大覚寺門跡(もんぜき)となるが,元徳4=元弘(げんこう)2年還俗(げんぞく)。同年後醍醐天皇が隠岐(おき)に流される際,幕府により越中(富山県)に配流,幽閉される。正慶2=元弘3年5月10日越中守護の名越氏に殺害された。29歳。通称は大覚寺宮,越中宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恒性皇子の関連キーワード富山県高岡市二塚恒性法親王嘉元

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android