コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津野荘 つののしょう

世界大百科事典 第2版の解説

つののしょう【津野荘】

京都の賀茂御祖神社(鴨社)社領。土佐国高岡郡吾井郷津野保(現,高知県須崎市吾井郷)に1100年(康和2)立荘。当時の田数30町。これよりさき1090年(寛治4)鴨社には遠江国河村荘ほか19荘,745町と御厨(みくりや)8ヵ所が朝廷より寄進されたが,その一荘である土佐国潮江荘は1100年の地震津波によって海没,その代替として立荘されたのが津野荘である。その後,鎌倉末期までには同郡多郷(現,須崎市)に荘域を拡大するとともに津野新荘別立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の津野荘の言及

【須崎[市]】より

…北部は山地が広がり,中央の蟠蛇森(ばんだがもり)(769m)と東の虚空蔵山(675m)の間を桜川が南流,西からは新荘(しんじよう)川が流れて須崎湾に注ぐ。平安末期にはこの両川流域に京都下鴨神社領の津野荘が成立,中世に一帯を支配した津野氏は須崎に居城した。須崎は古くは〈洲崎〉とも記されたように砂州上に発達,戦国期には市町が形成され,高岡郡の中心地であった。…

※「津野荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津野荘の関連キーワード東津野[村]津野(町)檮原[町]高知(県)津野之高津野元実賀茂神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android