コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒鎮法親王 こうちんほうしんのう

1件 の用語解説(恒鎮法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒鎮法親王 こうちんほうしんのう

?-1372 南北朝時代,恒明(つねあき)親王の王子。
承鎮(しょうちん)法親王に師事して梶井門跡(もんぜき)となる。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年(1363)天台座主(ざす)に任じられた。応安5=建徳3年1月3日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒鎮法親王の関連キーワード文中二条良基応安東北電力東通原発応安新式海部川建徳護摩壇山頓阿文中

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone