コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒鎮法親王 こうちんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒鎮法親王 こうちんほうしんのう

?-1372 南北朝時代,恒明(つねあき)親王の王子。
承鎮(しょうちん)法親王に師事して梶井門跡(もんぜき)となる。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年(1363)天台座主(ざす)に任じられた。応安5=建徳3年1月3日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒鎮法親王の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android