応安新式(読み)おうあんしんしき

世界大百科事典 第2版の解説

おうあんしんしき【応安新式】

連歌式目。1巻。一般に《連歌新式》ともいう。1372年(応安5),二条良基救済(ぐさい)の協力を得て,それ以前の《連歌本式》や,また特に《建治新式》(現存せず)に基づいて制定したという。雑多であった連歌式目を統一し,勅許を仰いで世にひろめ,以後の規範となった。輪廻,一座一句物,去嫌(さりきらい)などを定め,その後なお問題点が生じたために,〈追加〉として数条の増補を加えている。【赤瀬 信吾】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうあんしんしき【応安新式】

連歌書。一巻。二条良基著。1372年一応成立。その後追加された。当時乱れていた連歌作法の式目を、「建治の新式」を参照しつつ、救済きゆうせい・周阿の助力を得て定めたもの。連歌新式の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応安新式
おうあんしんしき

連歌(れんが)の式目。鎌倉中期から南北朝初期にかけて、連歌制作の規則として本式や新式など諸種の式目が並び行われていたが、二条良基(よしもと)は救済(きゅうせい)の協力を得て式目の改訂作業を進め、1372年(文中1・応安5)に『建治(けんじ)新式』を改訂増補することによって新しい連歌新式を制定した。これが『応安新式』で、繰り返しを避けるための輪廻(りんね)の事や体用の事、本歌の取り方を規定した本歌の事、百韻に使用する素材の種類や数や位置を制限した規定、素材の連接に関する規定、四季の指定や素材の分類等をその内容とする。制定以後、室町初期と中期に再度にわたって補訂され、俳諧(はいかい)の式目も、その影響下に成立。[木藤才蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おうあんしんしき【応安新式】

南北朝時代連歌式目書。一巻。二条良基著。応安五年(一三七二)成立。良基が救済(ぐさい)の助力によって、連歌の規則を制定したもの。従来の式目を改訂統一し、後世式目の規矩となる。連歌新式。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の応安新式の言及

【連歌新式】より

…1巻。《応安新式》に,1452年(享徳1)に一条兼良宗砌(そうぜい)の意見を徴して成った《新式今案》を加え,さらに1501年(文亀1)に肖柏が改訂をほどこしたもので,正式には《連歌新式追加並新式今案等》と称し,以後長く連歌の規範とされた。ただし実際には,室町末期ころから式目はより細かく煩雑なものとなっていった。…

※「応安新式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android