コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応安新式 オウアンシンシキ

5件 の用語解説(応安新式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうあんしんしき【応安新式】

南北朝時代の連歌式目。1巻。二条良基著。応安5年(1372)成立。救済(ぐさい)の助力により、連歌の規則を新しく制定したもの。連歌新式

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうあんしんしき【応安新式】

連歌式目。1巻。一般に《連歌新式》ともいう。1372年(応安5),二条良基救済(ぐさい)の協力を得て,それ以前の《連歌本式》や,また特に《建治新式》(現存せず)に基づいて制定したという。雑多であった連歌式目を統一し,勅許を仰いで世にひろめ,以後の規範となった。輪廻,一座一句物,去嫌(さりきらい)などを定め,その後なお問題点が生じたために,〈追加〉として数条の増補を加えている。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうあんしんしき【応安新式】

連歌書。一巻。二条良基著。1372年一応成立。その後追加された。当時乱れていた連歌作法の式目を、「建治の新式」を参照しつつ、救済きゆうせい・周阿の助力を得て定めたもの。連歌新式の一つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応安新式
おうあんしんしき

連歌新式」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応安新式
おうあんしんしき

連歌(れんが)の式目。鎌倉中期から南北朝初期にかけて、連歌制作の規則として本式や新式など諸種の式目が並び行われていたが、二条良基(よしもと)は救済(きゅうせい)の協力を得て式目の改訂作業を進め、1372年(文中1・応安5)に『建治(けんじ)新式』を改訂増補することによって新しい連歌新式を制定した。これが『応安新式』で、繰り返しを避けるための輪廻(りんね)の事や体用の事、本歌の取り方を規定した本歌の事、百韻に使用する素材の種類や数や位置を制限した規定、素材の連接に関する規定、四季の指定や素材の分類等をその内容とする。制定以後、室町初期と中期に再度にわたって補訂され、俳諧(はいかい)の式目も、その影響下に成立。[木藤才蔵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の応安新式の言及

【連歌新式】より

…1巻。《応安新式》に,1452年(享徳1)に一条兼良宗砌(そうぜい)の意見を徴して成った《新式今案》を加え,さらに1501年(文亀1)に肖柏が改訂をほどこしたもので,正式には《連歌新式追加並新式今案等》と称し,以後長く連歌の規範とされた。ただし実際には,室町末期ころから式目はより細かく煩雑なものとなっていった。…

※「応安新式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

応安新式の関連キーワード鎖連歌式目連歌新式連理秘抄式目歌地連歌新式俳諧式目独り連歌《連歌新式追加並新式今案等》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone