コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵賜 ケイシ

デジタル大辞泉の解説

けい‐し【恵賜】

[名](スル)金品を目下の者に与えること。また、目上の人からいただいたもの。
「学校を建て、郷人に―せり」〈中村訳・西国立志編

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいし【恵賜】

( 名 ) スル
目下の者に金品を与えること。また、目上の人からいただくこと。また、そのもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恵賜の関連キーワード揭・京・係・傾・兄・刑・勁・卿・啓・圭・型・境・契・形・径・徑・恵・惠・慧・慶・憩・憬・掲・携・敬・景・桂・渓・溪・炯・珪・畦・痙・稽・競・系・経・經・継・繋・繫・繼・罫・脛・茎・荊・莖・蛍・螢・計・詣・警・軽・輕・閨・頃・頸・鶏・鷄郷人目下目上金品

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android