コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵/慧

デジタル大辞泉の解説

え〔ヱ〕【恵/×慧】

《〈梵〉prajñāの訳》仏語。物事をよく見極め、道理を正しく把握する精神作用。三学の一。智慧。

え【恵/慧】[漢字項目]

〈恵〉⇒けい
〈慧〉⇒けい

けい【恵〔惠〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(漢) (ヱ)(呉) [訓]めぐむ
〈ケイ〉
情けをかける。めぐむ。めぐみ。「恩恵互恵仁恵特恵
物を贈られることに敬意を表す語。「恵贈恵投恵与
〈エ〉
(「」と通用)さとく賢い。「知恵
縁起がよい。「恵方(えほう)
[名のり]あや・さと・しげ・とし・めぐみ・やす・よし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

けい

?-599 百済(くだら)(朝鮮)の王子。
欽明(きんめい)天皇16年(555)兄威徳王の命で来日,前年に父聖明(せいめい)王が新羅(しらぎ)のために殺されたことを報告した。17年多数の武器・良馬をあたえられ,軍船に護送されて帰国した。598年威徳王の死により第28代の恵王として即位したが,翌年死去。諱(いみな)は季(き)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恵/慧の関連キーワード般若金剛般若経知恵バングラデシュ般若般若心経理趣経般若五種不翻

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone