(読み)めぐみ

精選版 日本国語大辞典「恵」の解説

めぐみ【恵】

〘名〙 (動詞「めぐむ(恵)」の連用形の名詞化)
① めぐむこと。なさけをかけること。また、その恵まれたもの。あわれみ。いつくしみ。
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「其れ此の如き人、皆君に忠(いさをしさ)無く、民に仁(メクミ)無し」
※古今(905‐914)仮名序「ひろきおほんめぐみのかげ、つくば山のふもとよりも、しげくおはしまして」
② あわれんで金品をやること。ほどこし。
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉三「乞食が恵みをもとめて手をさし出した」

けい【恵】

〘名〙 なさけをかけること。めぐみ。恩恵。
浄瑠璃・鎌田兵衛名所盃(1711頃)上「良将の軍を統(すぶ)るや人を治、恵(ケイ)を推し恩をほどこし」 〔書経‐蔡仲之命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「恵」の解説

けい

?-599 百済(くだら)(朝鮮)の王子。
欽明(きんめい)天皇16年(555)兄威徳王の命で来日,前年聖明(せいめい)王が新羅(しらぎ)のために殺されたことを報告した。17年多数の武器・良馬をあたえられ,軍船に護送されて帰国した。598年威徳王のにより第28代の恵王として即位したが,翌年死去。諱(いみな)は(き)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「恵」の解説

けい【恵〔惠〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(漢) (ヱ)(呉) [訓]めぐむ
〈ケイ〉
情けをかける。めぐむ。めぐみ。「恩恵互恵仁恵特恵
物を贈られることに敬意を表す語。「恵贈恵投恵与
〈エ〉
(「」と通用)さとく賢い。「知恵
縁起がよい。「恵方えほう
[名のり]あや・さと・しげ・とし・めぐみ・やす・よし

え〔ヱ〕【恵/×慧】

《〈〉prajñāの訳》仏語。物事をよく見極め、道理を正しく把握する精神作用。三学の一。智慧

え【恵/慧】[漢字項目]

〈恵〉⇒けい
〈慧〉⇒けい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android