悪路(読み)あくろ

精選版 日本国語大辞典「悪路」の解説

あく‐ろ【悪路】

[1] 〘名〙
① 悪い道。通行に困難をきたすような道。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉六「悪路の切所に胸壁を築立(つきたて)
② (比喩的に) 悪い境遇。邪悪な世界。
※明六雑誌‐四三号(1875)尊王攘夷説〈阪谷素〉「王を玩物とし、王の私欲に面従して之を悪路に陥れ、陰に舌を吐き自ら得たりとす」 〔陸游‐秋夜読書詩〕
[2] 平安時代から中世の頃、東北地方で中央政府の支配に従わない人々が住むと考えられていた土地。
※発心集(1216頃か)七「常には、えむすか・あくろ・津軽・壺碑なんど云方にのみ住れけるとかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪路」の解説

あく‐ろ【悪路】

悪い道路。ひどい道。
[類語]難路泥道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「悪路」の解説

【悪路】あくろ

悪い路。

字通「悪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android