コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲華経 ひけきょう Karuṇā-puṇḍarīka-sūtra

1件 の用語解説(悲華経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悲華経
ひけきょう
Karuṇā-puṇḍarīka-sūtra

大乗仏教経典の一つ。『大乗悲分陀利経』『悲蓮華経』とも訳される。5世紀頃の曇無讖訳。 10巻。『閑居経』など小部の経典の集成らしく,6品から成る。宝蔵如来のもとで,無諍念王とその 1000人の王子が無上心を起して,浄土往生を約束されるというもので,阿弥陀如来の本願を含んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲華経の関連キーワード解深密経大乗義章大乗玄論大乗仏教楞伽経極果権大乗大乗会大乗経般若経

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone