コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲華経 ひけきょうKaruṇā-puṇḍarīka-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悲華経
ひけきょう
Karuṇā-puṇḍarīka-sūtra

大乗仏教経典の一つ。『大乗悲分陀利経』『悲蓮華経』とも訳される。5世紀頃の曇無讖訳。 10巻。『閑居経』など小部の経典の集成らしく,6品から成る。宝蔵如来のもとで,無諍念王とその 1000人の王子が無上心を起して,浄土往生を約束されるというもので,阿弥陀如来本願を含んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

悲華経の関連キーワード末法思想伊吹

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android