コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北涼 ホクリョウ

大辞林 第三版の解説

ほくりょう【北涼】

中国、五胡十六国の一。匈奴きようどの沮渠蒙遜そきよもうそんが後涼の漢人段業を擁立して甘粛かんしゆくに建国(397~439)。のち段業を殺して自立。北魏ほくぎに滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の北涼の言及

【五胡十六国】より

… 華北は再び混乱におちいり,東方では慕容部が国家再建をはかり(後),前秦の本拠関中では羌族姚氏が勃興した(後)。河西地方では氐族呂氏が後を興したが,やがて鮮卑の南と匈奴の北が分離し,北涼からはまた漢族の西が独立して,これらの国々は互いに抗争した。東晋政権はおりにふれて華北奪回の遠征を試み,東晋末,劉裕(宋の武帝)は一時長安,洛陽などの要地を占領したが,結局放棄した。…

【涼】より

…397‐439年。通称は北涼。張掖(ちようえき)(甘粛省張掖県)付近にあった匈奴部落の首領沮渠蒙遜(しよきよもうそん)は,近親が後涼の呂光(337‐399)に殺されたので挙兵して397年(神璽1)呂光の臣下段業(?‐401)を涼州牧に戴いた。…

※「北涼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

北涼の関連キーワード大方等大集経大毘婆沙論大般涅槃経南北朝時代金光明経雲崗様式雲崗石窟敦煌石窟高昌国太武帝大雲経涅槃宗大集経曇無讖曇曜武威車師姑臧楼蘭姚興

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android