(読み)じ(英語表記)maitrī; maitra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「慈」の解説



maitrī; maitra

仏教用語。語源的には「友」「親しきもの」を意味する mitraという単語から派生したものであり,真実の友情,純粋の親愛の念を意味している。南方アジアの上座部仏教では,「 (同朋に) 利益と安楽とをもたらそうと望むこと」と注解している。大乗仏教でも,「衆生を愛念することにづけ,常に安穏と楽事とを求めて,以て衆生に施し利益を与えること」 (『智度論』) と述べている。慈はしばしば「悲」 karuṇāとともに用いられ,慈悲と称される。悲とは,人々から苦しみを除こうとする心情をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「慈」の解説

いつくし‐み【慈】

〘名〙 (動詞「いつくしむ(慈)」の連用形の名詞化) 慈愛。恵み。恩沢。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)八「いつくしみのこころは、たへにおほきなるくものごとし」

いつくしん‐・ず【慈】

〘他サ変〙 (「いつくしみす」の音便) =いつくしむ(慈)
※文明本節用集(室町中)「孝莫於厳一レ(チチヲイツクシンズルヨリ)

じ【慈】

〘名〙 いつくしむこと。また、なさけぶかいこと。
日蓮遺文‐開目抄(1272)「無慈詐親是彼怨」 〔老子‐六七〕

うつくしび【慈】

〘名〙 (動詞「うつくしぶ(慈)」の連用形の名詞化) 慈愛。恩沢。いつくしみ。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕

うつくしん‐・ず【慈】

〘他サ変〙 (「うつくしみす」の変化した語) 愛する。かわいがる。いつくしむ。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕

いつくし‐び【慈】

いつくし‐・ぶ【慈】

〘他バ四〙 =いつくしむ(慈)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【愛】より

…際限なく増大してゆく〈欲望〉というのが,仏教の基本的な,愛の見方である。 梵〈プレーマンpreman〉,巴〈ペーマpema〉:〈愛・愛念・慈〉。〈愛情〉のことで,肯定も否定もされうるが,〈他人・衆人を愛すること〉と〈人々に愛されること〉とは,仏教徒としても大事であるとされた。…

【慈悲】より

…サンスクリットでマイトリーmaitrīあるいはカルナーkaruṇāという。慈と悲と区別していう場合は慈がマイトリー,悲がカルナーに相当する。慈は人びとに楽を与えること,悲は人びとの苦を抜いてあげることをいう。…

※「慈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android