コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗允正 これむねの まさただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟宗允正 これむねの-まさただ

これむねの-ただまさ

惟宗允正 これむねの-ただまさ

?-1015 平安時代中期の官吏。
惟宗公方(きんかた)の孫。永延(987-989)のころに明法(みょうぼう)博士となり,平維衡(これひら)と平致頼(むねより)との合戦についての罪名勘文(かんもん)などを奏上する。長徳4年(998)ごろ兄允亮(ただすけ)とともに令宗朝臣(よしむねのあそん)の氏姓をあたえられた。長和4年6月22日死去。名は「まさただ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

惟宗允正の関連キーワード令宗允正惟宗公方令宗道成

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android