コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗公方(読み)これむねの きんかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟宗公方 これむねの-きんかた

?-? 平安時代中期の官吏。
惟宗直本(なおもと)の子。民部少輔(みんぶのしょう),検非違使(けびいし)などをつとめ,明法(みょうぼう)博士をかねて醍醐(だいご)・朱雀(すざく)・村上・冷泉(れいぜい)4代の天皇につかえる。天徳2年(958)村上天皇に奏上した勘文(かんもん)に疑義がだされ,大蔵権大輔(ごんのたいふ)に左遷されたが,のち明法博士に復帰した。著作に「本朝月令(がつりょう)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の惟宗公方の言及

【本朝月令】より

…10世紀に著された年中行事の書。撰者は惟宗公方(これむねのきんかた)と伝えられ,公方は《令集解(りようのしゆうげ)》を編した直本(なおもと)の子。4巻とも6巻ともいわれるが,今日残るのは巻二の1巻のみ。…

※「惟宗公方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android