コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟恒親王 これつねしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟恒親王 これつねしんのう

?-904 平安時代前期,文徳(もんとく)天皇の皇子。
母は藤原今子(こんし)。貞観(じょうがん)3年(861)親王となる。常陸(ひたち),上野(こうずけ),上総(かずさ)の太守をへて,元慶(がんぎょう)8年兵部卿(ひょうぶきょう)。のち三品(さんぼん)にすすむ。延喜(えんぎ)4年4月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

惟恒親王の関連キーワードクリストフォルス原油昭宗[唐]セルギウス3世レオ5世金本知憲日本航空の再建問題宇陀川竜門山地防府天満宮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android