惟首(読み)ゆいしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟首 ゆいしゅ

826-893 平安時代前期の僧。
天長3年生まれ。京都元慶(がんけい)寺で遍昭(へんじょう)に灌頂(かんじょう)をうけ,比叡山徳円に天台をまなぶ。寛平(かんぴょう)3年円珍のをつぎ園城寺(おんじょうじ)長吏2世,翌年天台座主(ざす)となった。寛平(かんぴょう)5年2月25日死去。68歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓御船。号は法興。通称は虚空蔵和尚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android