コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟首 ゆいしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟首 ゆいしゅ

826-893 平安時代前期の僧。
天長3年生まれ。京都元慶(がんけい)寺で遍昭(へんじょう)に灌頂(かんじょう)をうけ,比叡山で徳円に天台をまなぶ。寛平(かんぴょう)3年円珍の跡をつぎ園城寺(おんじょうじ)長吏2世,翌年天台座主(ざす)となった。寛平(かんぴょう)5年2月25日死去。68歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は御船。号は法興。通称は虚空蔵和尚。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

惟首の関連キーワードウスルシャナ天台宗額田今足利益相反行為楽らく便全国の待機児童清澄寺中島貞夫プリスカペニン山脈

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone