愚図(読み)グズ

デジタル大辞泉の解説

ぐず〔ぐづ〕【愚図】

[名・形動]はきはきしないで動作や決断が鈍いこと。また、そのような人やさま。「愚図なやつ」
[補説]「愚図」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐず【愚図】

( 名 ・形動 )
〔「愚図」は当て字〕
はきはきせず、動作・決断を素早くしないこと。また、その人やそのさま。 「 -な奴」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐず ぐづ【愚図】

〘名〙 (形動) (「愚図」は当て字)
動作がのろいこと。はきはきせず決断に乏しいさま。また、そのような人。
浄瑠璃・忠臣金短冊(1732)三「まづ否応はぐずにして、むかひに来た時の事」
② ぐずぐず文句を言う人。
※歌舞伎・鼠小紋東君新形(鼠小僧)(1857)二幕「とんだぐづに出っくはして、面倒でござりますから、ちょっと一ぺい飲まして来ます」

ぐずり ぐづり【愚図】

〘名〙 (動詞「ぐずる(愚図)」の連用形の名詞化。「愚図」は当て字)
① ぐずること。言いがかりをつけること。また、その人。
※歌舞伎・桑名屋徳蔵入船物語(1770)二「こいつは碌なぢゃない。今日の御芽出度を見かけて、ぐずりにうせたのぢゃ」
② 子どもが無理を言うこと。だだをこねること。

ぐず・る ぐづる【愚図】

(「愚図」は当て字)
[1] 〘他ラ四〙 言いがかりをつける。言いがかりをつけて、困らせる。ゆする。
※浄瑠璃・奥州安達原(1762)三「おいらが往てぐづりかけて爰へおこすは」
[2] 〘自ラ五(四)〙
① 無理を言って人を困らせる。
※十三夜(1895)〈樋口一葉〉下「それはお前人困らせといふ物、愚図(グヅ)らずに行ってお呉れ」
② 乳幼児が不機嫌で泣く。
[補注]語源について、「口舌(くぜ)る」からとも「公事(くじ)る」からともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

愚図の関連情報