鼠小僧(読み)ねずみこぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鼠小僧 ねずみこぞう

1797-1832 江戸時代後期の盗賊。
寛政9年生まれ。江戸中村座の木戸番の子。鳶(とび)職であったが,文政6年ごろから江戸の武家屋敷を専門に盗みをかさねる。天保(てんぽう)3年侵入先で捕らえられ,同年8月19日市中引き回しのうえ獄門となった。36歳。のち芝居,講談などで義賊としてあつかわれた。墓所は回向院(東京都墨田区両国)。名は次郎吉。
【格言など】天(あま)が下古き例(ためし)はしら浪の身にぞ鼠と現れにけり(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鼠小僧

没年:天保3.8.19(1832.9.13)
生年:寛政7(1795)
江戸後期の盗賊。通称次郎吉。江戸堺町の劇場中村座の木戸番の子で,鳶人足となったが,身を持ち崩して盗賊となった。文政6(1823)年以来不用心な武家屋敷奥向ばかり狙って28カ所,32度におよんで盗みに入り,8年入れ墨,追放の処分を受けたが,その後も71カ所,90度にわたって武家屋敷を荒らし,天保3(1832)年遂に捕らえられて品川で獄門となった。身が軽いため鼠小僧の異名を取り,武家屋敷ばかり狙ったので義賊の名が高く,50年ほど前に処刑された稲葉小僧と混同されて伝説化,英雄視されるようになった。実録本『鼠小僧実記』をはじめ,白浪物を得意として,泥棒伯円の異名を取った2代松林伯円が『緑林五漢録―鼠小僧』として脚色したものが名高く,これをもとに河竹黙阿弥が「鼠小紋東君新形」に歌舞伎として仕組み,同時に同名の合巻(柳水亭種清編,2代歌川国貞画)も出版されている。

(宇田敏彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ねずみこぞう【鼠小僧】

江戸後期の盗賊。名は次郎吉。武家屋敷のみ襲い、盗んだ金を貧乏人に施したという。1832年処刑。「鼠小紋東君新形はるのしんがた」など、多くの歌舞伎・講談・小説などの題材となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼠小僧
ねずみこぞう
(1795―1832)

江戸後期の有名な怪盗で、名は次郎吉。鼠小僧の異名は、鼠のように身軽にどこにでも出没したからといわれる。江戸・中村座の木戸番定七の子として生まれ、建具屋に奉公に入り、のちに鳶人足(とびにんそく)となるが、博打(ばくち)を覚え、資金に窮して夜盗を働くようになった。1822年(文政5)ごろから約10年間に100回、およそ1万2000両の金を、奥向きの警戒が手薄である大名屋敷を専門に盗んだ。芝居や講談では義賊として描かれているが、実際に貧民に施した形跡はない。32年(天保3)4月、浜町の松平宮内少輔の屋敷へ入ったところを逮捕され、同年8月、江戸中引廻(ひきまわ)しのうえ獄門になった。両国(墨田区)の回向院に墓がある。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ねずみ‐こぞう【鼠小僧】

江戸末期の盗賊。本名次郎吉。動作が敏捷(びんしょう)で、大名屋敷だけに忍び込んだことから、義賊との評判が高かった。天保三年(一八三二)処刑。小説・講談・歌舞伎などに多く取り上げられた。鼠小僧次郎吉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼠小僧の関連情報