コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚谷常賢 ぐこく じょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚谷常賢 ぐこく-じょうけん

?-1339 鎌倉-南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)大慈寺の寒巌義尹(かんがん-ぎいん)の法をつぐ。肥後鷲林寺をひらき,のち大慈寺の住持となる。暦応(りゃくおう)2=延元4年11月3日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

愚谷常賢の関連キーワード南北朝時代常賢曹洞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android