コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛宮 あいのみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愛宮 あいのみや

?-? 平安時代中期の女性。
藤原師輔(もろすけ)の5女。母は醍醐(だいご)天皇の皇女雅子(がし)内親王。左大臣源高明(たかあきら)の後妻で,源明子(めいし)(明子女王)らを生む。安和(あんな)2年(969)藤原氏の策謀で夫が失脚(安和の変),大宰府(だざいふ)へ左遷されると出家。「蜻蛉(かげろう)日記」「拾遺和歌集」などに歌がのこる。「うつくしのみや」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

愛宮の関連キーワードラサール エノミヤ多武峰少将物語多武峯少将物語雅子内親王藤原高光

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android