コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感光性高分子 かんこうせいこうぶんし

1件 の用語解説(感光性高分子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

感光性高分子【かんこうせいこうぶんし】

光を当てたとき,重合や橋かけ,着色などの化学変化を起こす高分子材料の総称。広義には,光導電性などの物性変化を起こすものも含めることがある。ジアゾ基,アジド基,ケイ皮酸基など,光照射により活性化する官能基を高分子側鎖に含むか,単量体と重合開始剤を添加したものなどが多い。
→関連項目機能性高分子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

感光性高分子の関連キーワード光伝導チンダル現象露光投光ニュートン環平画面山を当てる陰線熱酸化重合当て身技

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone