感嘆符(読み)カンタンフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 感動、驚き、怒り、強調などの感情を表わす「!」の符号。主として文の末尾に用いる。元来は欧文に用いる符号。エクスクラメーションマーク。
※石中先生行状記(1949‐50)〈石坂洋次郎〉一部「大きな感嘆符(カンタンフ)を押しつけたやうで可笑しかった」
[補注]「!」の符号は、明治二〇年(一八八七)ごろから二葉亭四迷、尾崎紅葉、山田美妙などによって使われはじめた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の感嘆符の言及

【句読点】より

… 英語,フランス語,ドイツ語などの〈句読点〉または〈句読法〉にあたるのはパンクチュエーションpunctuationで,3種類に分けられる。まず,文と文との切れめを示す符号として,ピリオドperiod(.),疑問符question mark(?),感嘆符exclamation mark(!)があり,それぞれ叙述・疑問・感嘆(命令)の意味をあらわす。文のなかの部分と部分との切れめを示す符号として,コンマcomma(,),セミコロンsemicolon(;),コロンcolon(:)があり,この順序に切れめが長くなる(該当する息の切れめが時間的に長くなる)。…

※「感嘆符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android