感随(読み)かんずい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

感随 かんずい

?-1664* 江戸時代前期の僧。
陸奥(むつ)の人。浄土宗。江戸増上寺の知童にまなび,上野(こうずけ)(群馬県)大光院住持となる。のち江戸幡随院にうつり,同院の隆盛につとめた。また漢籍に通じ,「漢玉感随」とよばれた。寛文3年12月27日死去。字(あざな)は良空。号は山蓮社。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android