コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感随 かんずい

1件 の用語解説(感随の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

感随 かんずい

?-1664* 江戸時代前期の僧。
陸奥(むつ)の人。浄土宗。江戸増上寺の知童にまなび,上野(こうずけ)(群馬県)大光院の住持となる。のち江戸幡随院にうつり,同院の隆盛につとめた。また漢籍に通じ,「漢玉感随」とよばれた。寛文3年12月27日死去。字(あざな)は良空。号は山蓮社。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

感随の関連キーワード工藤治兵衛南部重直秋田藩国包斯波園女銭謙益建部賢弘トラピスト鳥居清信ニューヨーク州

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone