慈救呪(読み)じくじゅ

精選版 日本国語大辞典「慈救呪」の解説

じく‐じゅ【慈救呪】

〘名〙 (不動明王衆生を慈愛をもって救護するところから) 仏語。不動明王の大・中・小、三呪文の一つ、中呪のこと。この呪文をとなえると災害をまぬかれ、願いがかなうという。じくの(げ)。じくの呪。じく。
※発心集(1216頃か)八「不動の慈救呪をこそ毎日廿一返みてて、臨終正念ならん事を祈り侍る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「慈救呪」の解説

じく‐じゅ【慈救呪】

不動明王の呪文の一。唱えると災厄からまぬがれ、願い事がかなうという。慈救の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android