コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈胤入道親王 じいんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(慈胤入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈胤入道親王 じいんにゅうどうしんのう

1617-1700* 江戸時代前期,後陽成天皇の皇子。
元和(げんな)3年3月13日生まれ。母は土佐局。寛永6年親王となり,翌年得度。承快法親王の跡をつぎ,梶井門跡(もんぜき)となる。寛永19年,慶安3年,明暦元年の3度天台座主(ざす)に任じられた。茶道,書道,和歌にすぐれた。元禄(げんろく)12年12月2日死去。83歳。幼称は清宮(せいのみや)。俗名は幸勝。法号は常修院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慈胤入道親王の関連キーワード鳥取(市)ポーランド史両白山地若桜藩カルロス[2世]キャラコ禁止法インド史浮世草子農書(農業に関する書物)アルジェリアの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone