コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈道法親王 じどうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈道法親王 じどうほうしんのう

1282-1341 鎌倉-南北朝時代,亀山天皇の皇子。
弘安(こうあん)5年生まれ。母は帥典侍(そちのてんじ)。永仁(えいにん)3年(1295)青蓮院(しょうれんいん)にはいり,同年親王となる。のち法性寺(ほっしょうじ)座主(ざす),青蓮院門跡(もんぜき)となり,正和(しょうわ)3年から3度天台座主に任じられ,四天王寺別当をつとめた。「新後撰和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に23首のる。家集に「慈道親王集」。暦応(りゃくおう)4=興国2年4月11日死去。60歳。法号は青竜院,十楽院

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慈道法親王の関連キーワード行円法親王道澄法親王道凞法親王順助法親王南北朝時代典侍

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android