コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧亮 えりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧亮 えりょう

1719-1774 江戸時代中期の僧,歌人。
享保(きょうほう)4年生まれ。江戸の真宗高田派澄泉寺の住職。のち京都嵯峨(さが)の獅子巌の下にすみ,和歌を冷泉(れいぜい)為村,小沢蘆庵にまなんだ。遺稿に「獅子巌和歌集類題」がある。安永3年5月28日死去。56歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗姓は佐々木。字(あざな)は達空。号は涌蓮(ようれん),嵯峨居士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慧亮の関連キーワード元素発見史(年表)ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)ウィーン磁器漂流町奉行

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android