コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧春尼 えしゅんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧春尼 えしゅんに

?-1408 室町時代の尼僧。
相模(さがみ)(神奈川県)に曹洞宗(そうとうしゅう)最乗寺をひらいた了庵慧明(りょうあん-えみょう)の妹。自分の顔をやいて出家をようやく兄からゆるされる。のち印可をうけ同寺山麓の摂取庵にすむ。機鋒がするどく,男僧のからかいや誘惑にたいしては,自分が裸になってまでしてきりかえしたという。応永15年5月25日山門前に薪をつみ,焼身自殺をした。相模出身。
【格言など】冷熱は生道人(いきどうにん)の知るところにあらず(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慧春尼の関連キーワード勘合貿易遣明船(年表)オルジェイ・テムル鬼力赤人口減少元年日米の新聞業界新潟水俣病と患者認定足利義満ガワー看聞日記李成桂

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android