コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧春尼 えしゅんに

1件 の用語解説(慧春尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧春尼 えしゅんに

?-1408 室町時代の尼僧。
相模(さがみ)(神奈川県)に曹洞宗(そうとうしゅう)最乗寺をひらいた了庵慧明(りょうあん-えみょう)の妹。自分の顔をやいて出家をようやく兄からゆるされる。のち印可をうけ同寺山麓の摂取庵にすむ。機鋒がするどく,男僧のからかいや誘惑にたいしては,自分が裸になってまでしてきりかえしたという。応永15年5月25日山門前に薪をつみ,焼身自殺をした。相模出身。
【格言など】冷熱は生道人(いきどうにん)の知るところにあらず(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慧春尼の関連キーワードさしもさせますさる妙音意雲性仙尼如円尼(3)波多野通郷祐倫了然尼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone