コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧海(1) えかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧海(1) えかい

1707-1771 江戸時代中期の僧。
宝永4年生まれ。駿河(するが)(静岡県)の真宗高田派浄円寺住職。京都本誓寺慧雲の弟子で,鳳潭(ほうたん)に華厳(けごん)をまなぶ。本願寺派法霖(ほうりん),大谷派の慧琳(えりん)としたしかった。のち高田派の学頭をつとめた。明和8年8月13日死去。65歳。字(あざな)は法饒。号は芙蓉峰,白雪廬主。著作に「浄土文類聚鈔義賛」「愚禿鈔(ぐとくしょう)芙蓉録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慧海(1)の関連キーワード富士山アウラングゼーブアウラングゼーブドシテオス長崎派ファーカーアウラングゼーブアウラングゼーブボーバン逸然

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android