コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧琳 エリン

デジタル大辞泉の解説

えりん〔ヱリン〕【慧琳】

[737~820]中国、唐代の僧。梵語(ぼんご)や訓詁学などに通じ、「一切経音義(慧琳音義)」100巻を著した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧琳 えりん

1715-1789 江戸時代中期の僧。
正徳(しょうとく)5年5月1日生まれ。真宗大谷派。慧然にまなぶ。明和2年師のあとをつぎ,学寮(のちの高倉学寮)の講師となる。安永3年浄土真宗の公称を実現するため江戸で折衝にあたった。「無量寿経貫綜記」など著作もおおい。寛政元年5月25日死去。75歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。字(あざな)は抱玉。号は亀陵,仏乗房。法名恵琳とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えりん【慧琳】

768~820) 中国、唐代の僧。カシュガルの出身。一切経の注釈書「一切経音義」を著した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の慧琳の言及

【一切経音義】より

…中国,経律論の難読難解字および音訳漢字に対する音注義注の書で,玄応(げんのう)著(7世紀半ば)と慧琳(えりん)著(810)の2種がある。玄応は文字大徳として玄奘(げんじよう)の訳場に列した。…

※「慧琳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慧琳の関連キーワード慧海(1)喀什噶爾十善法語宣明深励法霖玄応正徳

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android