コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧琳 エリン

3件 の用語解説(慧琳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えりん〔ヱリン〕【慧琳】

[737~820]中国、唐代の僧。梵語(ぼんご)や訓詁学などに通じ、「一切経音義(慧琳音義)」100巻を著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧琳 えりん

1715-1789 江戸時代中期の僧。
正徳(しょうとく)5年5月1日生まれ。真宗大谷派。慧然にまなぶ。明和2年師のあとをつぎ,学寮(のちの高倉学寮)の講師となる。安永3年浄土真宗の公称を実現するため江戸で折衝にあたった。「無量寿経貫綜記」など著作もおおい。寛政元年5月25日死去。75歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。字(あざな)は抱玉。号は亀陵,仏乗房。法名は恵琳とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

えりん【慧琳】

768~820) 中国、唐代の僧。カシュガルの出身。一切経の注釈書「一切経音義」を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慧琳の言及

【一切経音義】より

…中国,経律論の難読難解字および音訳漢字に対する音注義注の書で,玄応(げんのう)著(7世紀半ば)と慧琳(えりん)著(810)の2種がある。玄応は文字大徳として玄奘(げんじよう)の訳場に列した。…

※「慧琳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慧琳の関連キーワード三輪在栄実聞東湖尭州志水閑事寂翁蝶左坊長谷川雨柳了碩弄幻子

慧琳の関連情報