コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶光院周養 けいこういん・しゅよう

1件 の用語解説(慶光院周養の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

慶光院周養

没年:慶長16.4.25(1611.6.6)
生年:生年不詳
江戸前期の尼。伊勢上人といわれた伊勢慶光院第4代院主。宇治の人といわれる。清順の法嗣として遺志を継ぎ,天正3(1575)年皇大神宮(内宮)の仮殿遷宮を行い,同13年には,皇大神宮,豊受大神宮(外宮)双方の正遷宮を挙行している。皇大神宮の遷宮は123年ぶりであった。一紙半銭の勧進も行ったが,統一権力たる織田信長,豊臣秀吉より多大の援助を受け,また清順以来天皇の後援もあった。のち徳川家康,豊臣秀頼の尊信も受けた。墓は慶光院墓地にある。

(脇田晴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶光院周養の関連キーワード万無上人伊勢縞伊勢島節伊勢の御師伊勢間伊勢流慶光院守悦尼慶光院周清尼慶光院周養尼慶光院清順尼