コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶光院周養 けいこういん・しゅよう

朝日日本歴史人物事典の解説

慶光院周養

没年:慶長16.4.25(1611.6.6)
生年:生年不詳
江戸前期の尼。伊勢上人といわれた伊勢慶光院第4代院主。宇治の人といわれる。清順の法嗣として遺志を継ぎ,天正3(1575)年皇大神宮(内宮)の仮殿遷宮を行い,同13年には,皇大神宮,豊受大神宮(外宮)双方の正遷宮を挙行している。皇大神宮の遷宮は123年ぶりであった。一紙半銭の勧進も行ったが,統一権力たる織田信長,豊臣秀吉より多大の援助を受け,また清順以来天皇の後援もあった。のち徳川家康,豊臣秀頼の尊信も受けた。墓は慶光院墓地にある。

(脇田晴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

慶光院周養の関連キーワード慶光院周清尼上部貞永周養尼

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android