コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶光院周養 けいこういん・しゅよう

朝日日本歴史人物事典の解説

慶光院周養

没年:慶長16.4.25(1611.6.6)
生年:生年不詳
江戸前期の尼。伊勢上人といわれた伊勢慶光院第4代院主。宇治の人といわれる。清順の法嗣として遺志を継ぎ,天正3(1575)年皇大神宮(内宮)の仮殿遷宮を行い,同13年には,皇大神宮,豊受大神宮(外宮)双方の正遷宮を挙行している。皇大神宮の遷宮は123年ぶりであった。一紙半銭の勧進も行ったが,統一権力たる織田信長,豊臣秀吉より多大の援助を受け,また清順以来天皇の後援もあった。のち徳川家康,豊臣秀頼の尊信も受けた。墓は慶光院墓地にある。

(脇田晴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

慶光院周養の関連キーワード慶光院周清尼上部貞永周養尼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android