コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良国繁 ゆら くにしげ

2件 の用語解説(由良国繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由良国繁 ゆら-くにしげ

1550-1611 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)19年生まれ。由良成繁(なりしげ)の子。母は妙印尼。父の跡をついで上野(こうずけ)(群馬県)金山城主となり,北条氏に対抗したが敗北,所領を併合された。慶長3年豊臣秀吉より常陸(ひたち)(茨城県)牛久(うしく)に5400石余の領地をあたえられた。のち徳川家康にしたがう。慶長16年1月3日死去。62歳。通称は六郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

由良国繁

没年:慶長16.1.3(1611.2.15)
生年:天文19(1550)
戦国時代の武将,上野国新田金山城主。成繁と館林赤井氏娘の嫡子。熊寿丸,六郎。刑部大輔,信濃守を称した。天正6(1578)年,父の死により家督を継ぎ,弟の館林城主長尾顕長と協力して東毛地方を支配した。同10年神流川合戦により北条氏が上野国に進出,国繁・顕長兄弟に金山・館林両城の開城を要求した。母妙印尼は,籠城して戦い,同12年暮れに城を明け渡したものの,同18年に北条氏を攻め滅ぼした豊臣秀吉によりこの戦いの功が認められ,常陸牛久5400石を与えられた。のち徳川家康に属し,慶長16(1611)年牛久に没した。

(唐澤定市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由良国繁の関連キーワード森可成荒山小左衛門岩松氏純岩松昌純佐治宗貞沼田景義由良成繁由良妙印尼横瀬成繁横瀬泰繁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone