コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸銭 かけぜに

1件 の用語解説(懸銭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かけぜに【懸銭】

一般には頼母子(たのもし),無尽(むじん)といった中世の貨幣融通方式において,この組織(講)に参加する人々(講衆,衆中)が,寄合ごとに持ちよる少額の出資金の意。また一方では,博奕(ばくえき)(賭博),連歌会,茶寄合などの勝負事に際して賭ける銭をも意味した。このほかにまた荘園領主が領民に対して臨時的に賦課徴収する銭も懸銭といった。〈かけせん〉ともよむ。中世,とくに鎌倉時代後期以後,貨幣流通が相当広く浸透した結果あらわれてきた用語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

懸銭の関連キーワード頼母子講無尽講親講中天狗頼母子満会無尽講掛銭頼母子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone