コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸銭 かけぜに

世界大百科事典 第2版の解説

かけぜに【懸銭】

一般には頼母子(たのもし),無尽(むじん)といった中世の貨幣融通方式において,この組織(講)に参加する人々(講衆,衆中)が,寄合ごとに持ちよる少額の出資金の意。また一方では,博奕(ばくえき)(賭博),連歌会,茶寄合などの勝負事に際して賭ける銭をも意味した。このほかにまた荘園領主領民に対して臨時的に賦課徴収する銭も懸銭といった。〈かけせん〉ともよむ。中世,とくに鎌倉時代後期以後,貨幣流通が相当広く浸透した結果あらわれてきた用語。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

懸銭の関連キーワード北条氏康無尽銭棟別銭倉役

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android