懸銭(読み)かけぜに

世界大百科事典 第2版の解説

かけぜに【懸銭】

一般には頼母子(たのもし),無尽(むじん)といった中世の貨幣融通方式において,この組織(講)に参加する人々(講衆,衆中)が,寄合ごとに持ちよる少額の出資金の。また一方では,博奕(ばくえき)(賭博),連歌会,茶寄合などの勝負事に際して賭けるをも意味した。このほかにまた荘園領主領民に対して臨時的に賦課徴収する銭も懸銭といった。〈かけせん〉ともよむ。中世,とくに鎌倉時代後期以後,貨幣流通が相当広く浸透した結果あらわれてきた用語。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android