コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶寄合 ちゃよりあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶寄合
ちゃよりあい

鎌倉時代から室町時代の喫茶を中心とした寄合で,粗茶の「雲脚」を用いたことから雲脚茶会ともいったらしい。また武士の間で行われた闘茶の会までも茶寄合と呼んだ。闘茶,飲茶勝負は平安時代に中国,宋から伝わったもので,茶会に集って主として宋では水品を,日本では茶種や産地を当てる競技。抹茶の本茶 (栂尾産茶,のちには宇治産茶をもいう) と非茶 (栂尾以外の産茶) の別や品種の良悪を判別する。現在の「茶歌舞伎 (茶香服) 」はその名残りである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

茶寄合【ちゃよりあい】

中世,喫茶を趣向とする会合の一形態。鎌倉時代後期に各地で茶の栽培が進み,本茶と非茶を飲み分ける茶勝負(闘茶)の茶寄合が盛行。その後闘茶を伴わず,座敷飾りや唐物器物などで風流を楽しむ茶会,茶礼にとらわれない雲脚(うんきゃく)茶会や風呂を組み合わせた淋汗(りんかん)茶会などが楽しまれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の茶寄合の言及

【共食】より

…神人共食の儀礼は人間どうしの共食の風にもおよび,村運営のための寄合その他各種集会にも共同飲食がおこなわれる。〈一味同心〉といい,同じ飲食物をともに味わうことによって親密感を増し,心を一にして共同体的結合を強化しようとするもので,中世郷村制成立期の惣村・郷村における茶寄合もその一つである。さらに武士団の党ややくざの集団で,酒を酌み交わし会食するのも,共食によって主従的結合,同志的結合を強めようとするものである。…

※「茶寄合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶寄合の関連キーワード茶道(ちゃどう)建武式目条々懸銭

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android