コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成尋(1) じょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成尋(1) じょうじん

1011-1081 平安時代中期の僧。
寛弘(かんこう)8年生まれ。天台宗。父は藤原実方(さねかた)の子,母は源俊賢の娘で歌集「成尋阿闍梨(あじゃりの)母集」で知られる。大雲寺文慶に師事し,のち同寺別当となる。延久4年宋(そう)(中国)にわたり,天台山・五台山を巡歴。皇帝神宗から善慧(ぜんね)大師の号をあたえられた。永保元年10月6日宋で死去。71歳。著作に「参天台五台山記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成尋(1)の関連キーワード寛弘

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android