コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文慶 もんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文慶 もんきょう

966-1046 平安時代中期の僧。
康保(こうほう)3年生まれ。藤原敦忠の孫。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の余慶顕密をまなび,ついで勧修,勝算に師事。京都岩倉大雲寺の別当となり,長和3年から園城寺長吏を3度つとめた。永承元年7月2日死去。81歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

文慶の関連キーワード神田 伯龍(5代目)一立斎 文慶成尋(1)神田伯竜真覚成尋康保

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文慶の関連情報