成瀬之成(読み)なるせ ゆきなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬之成 なるせ-ゆきなり

1596-1634 江戸時代前期の大名。
慶長元年生まれ。成瀬正成(まさなり)の次男。徳川秀忠小姓としてつかえる。父が尾張(おわり)名古屋藩付家老になったため,元和(げんな)2年下総(しもうさ)栗原藩(千葉県)藩主成瀬家2代となる。下総,三河(愛知県)で1万5000石の領地を支配した。寛永11年10月28日死去。39歳。駿河(するが)(静岡県)出身。幼名は於竹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android